レーザー治療について

レーザー治療とは、その名のとおり、レーザー光線を照射することによる治療法です。
一般的に歯科治療でレーザーを使用する場合の目的には二つあります。

レーザーを使用する二つの目的

1.生体組織の切除、止血等です。

歯肉の炎症部位や、初期虫歯を起こした部位を取り除くためにレーザーを使用します。レーザーは痛みが出にくいので、麻酔を使用せずに治療が行えます(ただし、炎症が強い場合は、少量の麻酔を用いる場合もあります)。

2.治癒促進作用、殺菌・消毒作用を利用し、歯周病の治療に使用します。

歯肉に炎症が強く出た場合、患部を直接触れない場合があります。そのような場合は、レーザーを照射することで一時的に炎症・痛みを緩和することができます(炎症が改善した後に歯周病の治療を行います)。

その他の目的

タバコ等の刺激で歯肉が黒ずんでしまう場合があります。その場合、歯肉にレーザーを照射し、歯肉の表面一層を取り除きます。
歯肉の表層が治癒した後に、健康な歯肉が再生します(色素沈着の度合いによって、回数は変わってきます)。

※レーザー治療のご希望がありましたら、担当医・スタッフまでお気軽にご相談ください。