人工歯の歯科医師は作成せず、歯科技工士が作成します。
そして、でき上がった人工歯をしっかりセットするのが歯科医師の仕事です。
多くの歯科医院では、人工歯を作成する際、外部の歯科技工会社に依頼します。そのため歯科技工士のほとんどは、患者さんの口を直接見ることなく作成します。実際に患者さんの歯を見ていないので、色や形にどうしても違いが生じてしまいます。また、タイムラグができてしまい、早期治療に繋がりません。特にしっかりとした技工物ができなかったような場合には、再度発注し、調整することになり、さらに時間がかかってしまいます。
しかし当院では、院内に技工所を併設し、経験豊富な歯科技工士が常駐していますので、そうしたデメリットは一切生じません。
また要望や意見が反映されやすく、短い製作期間での対応が可能になります。また、技工士さんが患者さんの歯の色や形を目視によって確認し、患者さんのご要望も聞き入れることが可能です。
このように、院内技工所が歯科医院に併設されていることのメリットは、とても大きいのです。