一般歯科について

虫歯は早めの治療が大切

虫歯は風邪などの病気と違って、自然に治癒することは、ほとんどありません。
軽度の虫歯なら、詰め物をすれば比較的簡単に治療できますが、重度になるまで進行すると、歯を抜かざるを得なくなったり、全身の健康に危険が及んだりします。
したがって虫歯に関しては、やはり早めの治療が大切なのです。

虫歯の原因と進行

口の中の“ミュータンス”という細菌は、歯に付着した食べかすや糖分を代謝して“酸”を作り出し、この酸が歯を溶かし始めます。これが初期の虫歯です。そのまま進行すると、患部に細菌の塊(バイオフィルム)が繁殖し、虫歯は拡大していきます。

初期の虫歯は自覚症状に乏しく、痛みもほとんどありません。そのため歯が痛み、しみ始めてきた頃には、ある程度進行した虫歯になっていると言えます。「食べる時に歯がしみる」「ちょっとしたことで歯が痛む」などの違和感はありませんか?そのまま放っておくと、さらに虫歯は進行していき、治療に時間がかかるようになりますので、早めに受診しましょう。

虫歯の再発防止

歯の治療を行った後、定期的なメンテナンスを行うことにより、虫歯の再発を防ぐことができます。当院では、健康な歯を長く保つために定期的な健診をお勧めしています。
虫歯の予防には、歯の掃除が大切です。硬くなってしまった歯垢(歯石)は通常の歯磨きでは取り除けないので、歯科医院でしっかりクリーニングして歯を長持ちさせましょう。歯が痛くなってから歯科にかかるのではなく、歯の検診を兼ねた定期的なご来院をお勧めいたします。