小児歯科について

乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかく、そして小さい歯なので、虫歯に「かかりやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。
小児の歯の治療は、年齢や虫歯の程度、性格などの違いによってそれぞれ変わってきます。
こうした小児特有の事情を踏まえ、個々の年齢・成長などに合わせた虫歯治療を行って参ります。そのため、場合によっては治療できる年齢になるまで虫歯の進行を抑えながら待つこともあります。

乳歯の頃からしっかり行いたい歯科治療

乳歯はいずれ生え変わるからと言って、おろそかにはできません。乳歯には「食物を噛む」「発音を助ける」「顔の形を整える」「永久歯が正しく生えるための道筋を整える」など、とても大切な役割を担っています。虫歯になってしまうと、その下にある永久歯にも影響が出かねません。
乳歯の頃からしっかり歯科治療を行うことで、永久歯に生え変わった際の歯並びや噛み合わせを整え、将来、充実した食生活を送ることができるようになるのです。

小児の虫歯予防

小児の虫歯は、年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあります。
1~2歳にかけては上の前歯が、2~3歳は奥歯の噛み合わせの溝、4歳頃は一番奥とその手前の奥歯の接している部分、6歳前後では、生えたばかりの奥歯の溝のところが虫歯になりやすいです。
年齢に対応した虫歯になりやすい場所を知った上でケアをすることは、小児の虫歯予防の大切なポイントです。
当院では、虫歯予防のために「フッ素塗布」などで歯を強くしながら、お子様の大事な歯を守るとともに、その健やかな成長をサポートしていきます。

フッ素塗布

フッ素は、お子さまの歯を強くし、虫歯菌が出す「酸」に強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めると言われます。特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的です。
また、軽い虫歯の原因部分の修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。
まだ幼いうちは、奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞げば、奥歯の溝にできがちな虫歯を防ぐことが可能です。

お口の健康管理(定期検診)

幼児や小・中学生を対象に、お口の健康管理を長期にわたって行っております。小さい時から虫歯、歯周病、歯並びなどの治療や予防をしながら、健康な永久歯の歯並び・噛み合わせへと導いていきます。
そのために、虫歯や歯肉の病気の治療が終わっても、年に2〜4回の歯科定期健診を行い、20歳くらいまでお口の健康管理を行います。このようにして、生涯にわたりお口の健康を維持していけるような基礎づくりをサポートいたします。

小児矯正

小児の場合、歯並びが悪いと、虫歯や歯周病になりやすくなるのはもちろん、正しい顎の成長の妨げになったりもします。
大人と違って、成長過程にある子どもの矯正の場合は、始めるのに適した時期があります。子どもの歯や顎は柔軟性が高いため、歯列矯正の効果が大きく、歯も移動させやすいものです。当院では歯並び矯正により、お子様に正しい咬合誘導を行います。
乳歯から永久歯に生え変わる時期、つまり小学校に上がる頃に始めると、永久歯が生え揃っていないため、矯正に必要な歯のスペースを十分に確保することができますし、ある程度、顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことが可能です。そのため、治療もスムーズに進みます。
小学校に入って、歯並びや顎の噛み合わせで異常がある場合は、早めに矯正を始められるよう、お勧めいたします。
お子様の歯並び矯正について、お口の状態、成長に合わせた治療法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。