予防歯科について

「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方も、少なくないでしょう。
もちろん歯の痛みや症状があるところを治療することは大切ですが、虫歯や歯周病が進行してしまってから治療を受けますと、どうしても時間かかります。
悪くなる前に予防できれば、余計な時間や費用をかけずに済みます。
そして、お口の中を健康な状態に保つには、定期的なメンテナンスがとても大切です。
「しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と考える方が少なくないようですが、歯磨きだけでは取り切れない汚れがあり、汚れが溜まると、歯垢や歯石が付着し始め、虫歯や歯周病のきっかけになってしまいます。
そのため、定期的なメンテナンスを含めた予防を行うことが、とにかく大切なのです。

歯は一生の財産

歯を失ってしまう原因の9割以上が虫歯と歯周病です。
虫歯も歯周病も初期には自覚症状の無いことが多いので、歯に穴が開いた、痛い、グラグラするなどの自覚症状に気づいてからご来院なさった場合は、かなり進行した状態であることが多く、したがって歯を残すことも難しくなります。
定期的なメンテナンスを含めた予防を行って健康な歯を維持し、疾患の進行を抑えることが、とても重要です。
これからは、虫歯や歯周病などを治療するだけでなく、いかにお口の中の健康な状態を長く維持するかが非常に重要になってきます。それが「予防歯科」という考え方なのです。
歯は一生の大切な財産ですから、患者さんの歯を1本でも2本でも多く残すように、サポートさせて頂きます。

みなとまち歯科での予防歯科

当院では、患者さんお一人お一人の口腔内の状態に合わせて、メンテナンスの方法や定期健診の時期について、ご提案をしております。
具体的な内容は、以下の通りです。

  • 虫歯と歯周病のチェック
  • フッ素塗布
  • ブラッシング指導
  • 入れ歯やインプラント、およびその周囲に異常が無いかをチェック
  • お子様の場合は、歯並びや歯の入れ替わりの状態をチェック
  • 定期的な歯の掃除で虫歯や歯周病を予防

フッ素塗布

フッ素を歯に塗ると、虫歯菌の酸の生成を抑え、また歯の質を強化して酸に溶けにくくし、虫歯になりにくい歯にすることができます。特に乳歯や生え替わったばかりの永久歯に効果的です。またフッ素には歯の再石灰化を促す働きもあります。

ブラッシング指導

毎日の歯磨きで、より効率的に虫歯や歯周病を予防するには、正しいブラッシング法を身につけることが重要です。当院では、歯科衛生士が患者さんの歯1本1本の生え方や噛み合わせ、年齢などを考慮に入れ、個々の患者さんに合ったブラッシング指導を行います。

PMTC

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の掃除」という意味になります。
歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着した細菌の塊(バイオフィルム)、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。
お口の健康を維持するには、ご自宅でのケア、そして定期検診と予防、そしてPMTCが大切になります。

PMTCで得られる効果
  • 虫歯予防:お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。
  • 歯周病の改善:お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
  • 口臭予防:お口の中にいる菌を減少させ、口臭を防ぎます。
  • 歯質の強化:フッ素入りの研磨ペーストを用いることで、歯の再石灰化(エナメル質が修復される現象)を促進し、歯質を強化します。
  • 審美性の向上:歯の着色を除去し、表面の光沢を回復します。
  • お口の中がスッキリして爽快感が得られます。